メイン画像

通学免許のメリット・デメリットをご紹介します

通学免許か合宿免許どちらが良いか…そういう比較をされることがあります。例えば、普通免許の取得を考える場合など相談をという方がいます。一概にどちらがよいということはありません。それぞれにメリット・デメリットがあるといえます。通学免許・合宿免許それぞれのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。
まず通学免許についてシステムをご説明します。自動車の免許を取るためには教習所で教習を受ける…という方が多いように感じます。通学で免許を取得する為には、通学に便利な立地条件であることが必要でです。もちろん通学できる環境も整っている必要があります。その為、自宅から通学できる範囲に教習所がある場合には便利です。

対して、合宿免許は、泊まり込みで短期集中の教習と考えることができます。こちらは、教習所が近くにない場合(立地条件)などにより通学が困難な場合などに選ばれていることが多いようです。
気になる教習料金ですが、これは教習所や施設によりバラバラであるため、どちらかが極端に高いとか、安いということはなさそうです。大まかな基本料金自体には大きく差はでません。合宿免許は宿泊料などが含まれているため、高い印象もうけますが、実際には通学の費用を考えるとやはり、大差はないようです。

通学免許と合宿免許の大きな違いは卒業までの期間という場合もあります。通学免許の場合は。学生・勤労者など、様々な環境の方が受講するため、時期によっては予約が取りづらくなることが予測されます。合宿免許は、短期集中というシステム、卒業までのスケジュールが設定されている為、取得期間の予測が可能です。ただ一点注意すべきは、「補修」に関する問題で、期間内に卒業できなかった場合には延長料金と期間が発生するということです。この点については事前にチェックを行う必要があります。
これらの事を踏まえ、通学免許と、合宿免許のメリット・デメリットについてご紹介いたします。